2010年11月06日

SCARE CROW「立春」

スケアクロウは知る人ぞ知る、日本のインディーズバンドです。

ジャンルわけは難しいですが、プログレになるのでしょうか?

私は音楽の演奏などについてはズブの素人なので、わかり
ませんが、スケアクロウはアマチュアながらとんでもない
演奏力を持っているらしく、確かに素人耳で聴いても
ドラムなどは変拍子が多く、「よくこんなリズム叩けるな」
と思うリズムが満載です。

またところどころ、打ち込みや、サンプリング音(波の音、子供
の声)などが入っていて、曲間がかなり短く、いきなり激しく
なったり、静かになったりと静と動をうまくつかって、アルバム
収録曲全部で「立春」という楽曲を構成している感じを受けます。

このバンドの世界観は「和」ですね。
この「立春」というアルバムには歌詞は掲載されていないのですが
ブックレットに散文詩みたいな詩が載っています。

それを読む限りでは民俗学的?な感じがして、ある意味宗教
(神道)がかった感じも受けました。

のちに販売されたプロモビデオには「立春」の歌詞がのった
冊子が封入されてました。

それを見ると、やはり純和風で、神がかった詩だなと感じました。

また当時の彼らの所属レーベルの名前が「三原台医院」という
名前で、(間借りしていたのでしょうか?)それにも不思議な感じを受けました。

以下が「立春」の収録曲です。

・詩戔の上の日本猫
・きいろ結え
・ニダイ
・鳴り行く雨
・籠
・陽時計と日々記
・美娼

曲名ひとつとっても、難解で個性的ですね。
恐らく造語もあると思います。

彼らはこのアルバム「立春」1枚をリリースして解散
してしまいましたが、今でも評価され続けている
らしいですよ。

現在、すんなり手に入る彼らの音源は下記のオムニバス
に収録されている「枳殻という家」という曲くらい
で、後の音源は現在入手困難となってしまっています。。

完全版の記事はこちら

http://blog.livedoor.jp/rock78/archives/5270515.html



  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: BMGビクター
  • 発売日: 1995/05/24
  • メディア: CD



posted by kouga at 22:54| 東京 ☀| Comment(0) | SCARE CROW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。